日本舞踊はむずかしい?

日本舞踊のお稽古をすることについてご参考にしてください。

 

お稽古着は?

日本舞踊は一年を通して浴衣でお稽古ができますし最初は着付けから始めますので、ご安心ください。すぐにご自分で着られるようになります。

 

最小限必要なものとしてお稽古に使う扇は購入していただきます。

 

年に一度は“坂東流ゆかた頒布”のご案内がありまして、お稽古をなさる方はお流儀のゆかたを購入することができます。

坂東流のゆかたを着てお稽古をする!魅力的です!

何から始める?

まずおじぎから始まり、立ち座り、扇の扱い方などを習ってから曲に合わせて稽古をします。

真新しい扇をスラリと開くだけでも難しいものです。稽古が終わったら再びおじぎで終了します。

 

現代では椅子の生活が多いと思いますから、正座の状態できれいに立ち、“構える”という動作は新鮮で、美しく感じられることでしょう。

 

初心者の大人の方には3,4分程度の曲から扇を使って稽古をします。

少しずつ区切って覚えていただきますが、初めは私と並んで動き、その後には私が前に立ち、相対で繰り返します。
最初は曲のテンポから外れたり、曲だけが先に進んでしまったりと思うようになりませんが、1曲目を終える頃には曲に慣れてきます。

 

タイミングに合わせることを日本舞踊では「間」と表現します。始めは大方遅れ気味ですが、覚えてしまうと早くなる傾向があります。これは自分の体で振りを覚え、スムーズに動けている証拠です。

ただし自分勝手に「間」を無視することは、上手な踊りとは言えません。音をしっかりと捉えて首を振ったり、足拍子を踏むことは徐々に習得しなくてはなりません。

 

それから日本舞踊を踊る際に重要なことは腰を低く、つまり重心を常に安定させること。これはダンスとの大きな違いでしょう。 腰を安定させること、自分の立ち位置の角度を決めることなどをお稽古していきます。

 

最初は踊りの振り(順番)を覚えて曲に合わせるだけでも大変なことと思いますが、一つずつ仕上がっていく達成感は何にも代えられない面白さです。

なにはともあれ身体表現ですので、反復することが上達に繋がります。

反復することで、ますます身体が無理なく動くようになり、次第に気持ちのこもった踊りを踊ることができるでしょう。

 

日本舞踊って敷居が高い?

費用が高そうですが?

日本舞踊は費用がかかるものとお考えの方がいらっしゃると思います。

日頃は月謝のみです。ほかには自分の上達過程を表現するために発表会やおさらい会に出演する経費が掛かります。

これらにはさまざまな方法・レベルがあるので望む方法で選択します。

 

費用がかかるケースとしては、大きな会場で大勢の会場スタッフが自分一人のために一つの舞台を支えてくれる場合であり、それには相応の経費がかかります。

 

一人の踊り手が舞台で踊るということは身支度から始まり、音響(生の演奏がつくこともあります)、大道具、小道具、照明etc.とスタッフの協力が必要です。

 

他には音楽はテープを使用し、浴衣着用の浴衣浚いや、自前の着物で鬘やお化粧は専門家に依頼する場合等々、それ程費用は掛かりません。

 

特別な費用をかけなくても日本舞踊は楽しむことができます。

 

あるいはご自分の成果を本格的な舞台で楽しみたい方も応援いたします。

 

こちらは常磐津『妹背山女庭訓』という3人立ちの踊りで、お三輪を務めています。

私の役は右端のお三輪です。

いろいろな楽しみ方(手作りの小道具)

清元「玉屋」に使用する下箱と振出し蝶々

 

物売りや僧侶などが首から掛けている箱状のものを「下箱(げばこ)」と言います。

玉屋の下箱の中には子供たちに吹いて見せるシャボン玉とそれを吹く竹が入っています。

 

「振出蝶々」は紅白模様の筒を振ると(下方に)飛出すように伸びます。筒を垂直にすると、蝶は元に戻ります。

こちらはお弟子さんの作品でなかなかの力作だと思います。

 

見学・体験はできますか?

一度稽古場に行ってみたい、または実際のレッスン風景を見てみたいという場合は「お問い合わせ」より【見学希望】【体験希望】のどちらかを明記してメールをお送りください。

体験希望の場合は坂東流のHPに明記されていますが、有料(¥2,000)となります。

ご了承ください。

 

Twitter